メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外首相、緊急事態宣言へ 新型コロナ
G20

温暖化「G19」合意 パリ協定離脱、米のみ別扱い

閉会セッションに参加する主要20カ国・地域(G20)の首脳ら=大阪市で2019年6月29日、ロイター

 29日閉幕した主要20カ国・地域(G20)首脳会議(サミット)は環境問題が大きなテーマとなった。地球温暖化では、ぎりぎりまで首脳宣言の調整を続けた結果、米国とそれ以外が別々の道を歩むことを強調する形になった。海洋プラスチックごみ問題は「2050年までに新たな汚染ゼロを目指す」ことで合意したが実効性は今後の取り組みにかかる。

 「意見の違いがあったが、最後の局面で首脳間でのやり取りも行い、一致点を見いだすことができた」。閉幕後の記者会見で安倍晋三首相は、米国のトランプ大統領やドイツのメルケル首相、フランスのマクロン大統領ら、合意のカギを握った首脳の名前を挙げ、地球温暖化対策を巡る交渉を振り返った。

この記事は有料記事です。

残り1861文字(全文2162文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 佐々木国交政務官、感染学生「どこに入社するのかな」とツイート

  2. 岐阜市のナイトクラブ関連の感染者18人に 客の精神科医の0歳娘も

  3. 横浜の「コロナファイター」卵 研修医2人感染 3月下旬に連日同期会やカラオケ

  4. 時の在りか 国家でコロナに勝てるか=伊藤智永

  5. 新型コロナ 国内死者100人超え 感染者数は4560人に

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです