特集

今週の本棚

「面白い!読ませる!」と好評の読書欄。魅力ある評者が次々と登場し、独自に選んだ本をたっぷりの分量で紹介。

特集一覧

今週の本棚

鼎談 夏休みの読書 評者・池内紀、井波律子、江國香織

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷

評者 池内紀(独文学者)、井波律子(中国文学者)、江國香織(作家)

 ■推薦・江國氏

 ◆ブラックアウト 上・下 コニー・ウィリス著、大森望訳(ハヤカワ文庫・各1382円)

 ◆オール・クリア 上・下 コニー・ウィリス著、大森望訳(ハヤカワ文庫・各1037円)

体温のある素敵なSF

 江國 『ブラックアウト』とその続編『オール・クリア』は、読んでいて我を忘れるという小説の典型だ。時代は近未来。イギリスの大学で、既にタイムマシンのようなものができていて、学生たちが時々研究のために過去に行く。そこで何かミスが起きたり、すれ違いが起きたりする。

 展開は目まぐるしくて、ハラハラが続く。読むのが止まらなくなって没頭できるので、時間をまとめてとれる夏休みに読むにはうってつけかなと思う。ちなみに著者の『航路』という別の小説も素晴らしい。「生」と「死」の間の<脳の状態>があるのなら……という話。考えられないような発想だ。

この記事は有料記事です。

残り4245文字(全文4648文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい

注目の特集