メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
陸上

日本選手権 輝き復活、江島初V 棒高跳び

男子棒高跳びで優勝し、澤野大地(奥)と抱き合う江島雅紀=福岡市の博多の森陸上競技場で2019年6月29日、徳野仁子撮影

 陸上の世界選手権(9~10月、ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権は第3日の29日、福岡市の博多の森陸上競技場で男女計8種目の決勝があり、男子400メートル障害は安部孝駿(ヤマダ電機)が48秒80で2年ぶりに制した。女子100メートル障害は木村文子(エディオン)が13秒14で優勝。安部、木村はともに世界選手権代表に内定した。男子棒高跳びは江島雅紀(日大)が5メートル61で初優勝した。

 男子200メートル予選は、小池祐貴(住友電工)が20秒62の1組1着で全体トップ。100メートルと…

この記事は有料記事です。

残り1630文字(全文1874文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 水質は最悪の「レベル4」 パラトライアスロンW杯スイム中止

  2. サラリーマン川柳 叱っても 褒めても返事は 「ヤバイッス!」

  3. 飛び降りようとした女子中学生、引き留めた男性に感謝状 福岡・宗像

  4. 高校野球 星稜・林監督「奥川、末恐ろしい。こんな選手には一生めぐり合わない」

  5. 「世間に疲れた」 秋葉原事件にも共感 孤立深めた京アニ放火容疑者

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです