メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

サッカー

J1 FC東京4-2横浜マ 久保建に贈る4発

【FC東京-横浜マ】前半、逆転ゴールを決めるFC東京の永井=東京・味の素スタジアムで2019年6月29日、宮武祐希撮影

 (第17節・29日)

 試合後のFC東京・長谷川監督の言葉が、チームの気持ちを代弁していた。

 「(久保)建のセレモニーもあって、たくさんのサポーターが来ていた。こちらのいいところを出して、それで負けたらしょうがない」。チームを離れる久保建への手向けに「点は取られても行くしかない」と、攻撃力が売り物の横浜マに、あえて打ち合いのサッカーを挑んだのだ。

 FC東京の強みは俊足の永井と、馬力十分のディエゴオリベイラを並べたツートップ。2人を前面に出し、攻撃に出た時の横浜マの背後にできるスペースを徹底して狙わせた。

この記事は有料記事です。

残り845文字(全文1099文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 鼻出しマスクで失格の40代受験生、トイレにこもり警察出動 注意されせき込む仕草も

  2. 鼻出しマスクの受験生を逮捕 不退去の疑い 警視庁深川署

  3. テレ東・大江麻理子キャスターらマスク着用 「緊急事態宣言受け決断」

  4. 際立つ大阪のコロナ死 その理由、高齢者の「命のリスク」高める構図とは

  5. 声なき声を捕捉せよ コロナと連動する菅内閣支持率

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです