メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
号外韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定
男の気持ち

恩師の愛のムチ 京都市左京区・大谷敏雄(無職・70歳)

 古い日記を処分しようと思いながらページをめくっていると、ある記述に目が留まった。

 1977年9月、大学でのゼミの先生の退任記念と古希のお祝いを兼ねたパーティーが開かれた折のことを私は次のように記していた。

 <私があいさつをすると、先生は「元気か」と声をかけてくださった。「最初の会社にまだ勤めているのか」と問われたので、「はい」と応えると、「それがよい。勤めを変わるのは良くない」とおっしゃる。先生が京都帝国大を卒業され、同志社大に奉職されたのは昭和9年だそうだ。以来、4…

この記事は有料記事です。

残り357文字(全文594文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  2. 東京パラスペシャルサポーター・香取慎吾さん「できるだけ多くの人、観戦して」

  3. 日本一の超高層ビル建設、森ビルが計画発表 2023年に330メートル

  4. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

  5. ORICON NEWS 『天気の子』興行収入100億円を突破 日本映画では『君の名は。』以来3年ぶり

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです