メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

松尾貴史のちょっと違和感

「金のライオン」 強者にこび、弱者こきおろす

=松尾貴史さん作

 この国の最高権力者は、自分よりも強い力を持っているトランプ米大統領のような者にはこびへつらうけれども、自分たちより力を持たない勢力のことを悪(あ)し様にこき下ろすことが大好きなようで、自分は6年も7年も権力をほしいままにしているのに経済も文化も教育も人権問題も劣化させるばかりであることは棚に上げて、いまだにたった3年間だけ明け渡した民主党による政権の時代を「悪夢のような」と表現する。

 政敵とはいえ、仮にもこの国を良くしようという公的な集団とその仕事について、最低限の良識や礼節さえわきまえていれば、現在権力の座にいる者としてこのような汚らしい手法でおとしめるというのは恥であることを自覚するものだが、何も感じないようだ。悪夢のように感じていたのは自分と自分の周辺だけだろう。悪夢を見ている国民は、今の方が多い。

この記事は有料記事です。

残り1191文字(全文1549文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「ウイルスある程度まん延」専門家が読む北九州の現状 他都市も再燃警戒

  2. 「警官に押さえ込まれけが」 渋谷署前で200人が抗議デモ クルド人訴えに共鳴

  3. 松尾貴史のちょっと違和感 早朝だけのゴミ収集 夜間にすると暮らしやすくなる

  4. 釧路、根室で震度4 震源は十勝沖、津波の心配なし

  5. 今夏の湘南、海水浴は難しそう 開場なしで「無秩序状態に」不安の声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです