メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

実務者チーム設置へ 非核化協議「2~3週間のうち」 米朝板門店会談

南北軍事境界線の北朝鮮側に立ったトランプ米大統領(左)と金正恩朝鮮労働党委員長=板門店で30日、AP

 トランプ米大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長は30日、韓国と北朝鮮との南北軍事境界線がある非武装地帯(DMZ)内の板門店(パンムンジョム)で会談した。会談に先立ちトランプ氏は現職米大統領として初めて境界線を越え、北朝鮮側に足を踏み入れた。今年2月のハノイ以来で3回目となる会談は、トランプ氏のツイッターを通じた呼びかけをきっかけに実現。米朝関係の進展を印象づけたい両者の思惑が一致した形だが、会談の成果は北朝鮮の非核化に向けた実務協議の再開にとどまった。【ソウル高本耕太、渋江千春】

 両首脳は軍事境界線上で面会。握手を交わした後、トランプ氏が境界線を指さし「一歩越えましょうか」と話…

この記事は有料記事です。

残り834文字(全文1134文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 半グレ、石垣島に進出 繁華街で悪質客引き、店舗を脅迫「つぶすってことだよね」  /沖縄

  2. 韓流パラダイム 文大統領は「盗っ人たけだけしい」と言ったのか プロ通訳と読み解いた

  3. オアシスのとんぼ 対韓輸出規制は、なぜ愚策なのか

  4. オアシスのとんぼ なぜ嫌韓は高齢者に多いのだろうか

  5. 不良集団 「半グレ」4団体トップ逮捕 大阪で摘発強化

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです