メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

電撃的蜜月関係の背後 米大統領選へアピール 北ハノイの失敗挽回図る

板門店で会談し握手するトランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=30日、ロイター

 トランプ米大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が30日、非武装地帯(DMZ)内の板門店で電撃的に会談したのは、双方の国内事情から米朝関係の進展を印象づけたい両氏の思惑が一致した結果だった。両氏は互いに個人的関係の良さを強調したが、非核化の手順や方向性を巡る対立は根が深く、電撃会談で見せた「蜜月関係」だけで乗り越えるのは、困難だとみられる。

 「特別な瞬間」「正しい方向への一歩だ」。トランプ氏は、現職米大統領として初めて北朝鮮側に足を踏み入れた軍事境界線訪問を、そう評価した。

 トランプ氏の訪問は数カ月前から予定されていたものの、金委員長への面会呼びかけは前日の29日。通常ではあり得ない準備期間だったが、米CNNテレビによると、トランプ氏の性格と思考を熟知する大統領警護隊(シークレットサービス)は米朝接触のシナリオを想定、現地での動線確認などを事前に進めていた。

この記事は有料記事です。

残り1839文字(全文2230文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  2. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

  3. イナズマロックフェス「来年は烏丸半島で」 トリは西川貴教さん 滋賀県庁で熱唱

  4. 切羽詰まった心理につけ込み… トイレ修理のトラブル増加、150万円請求も

  5. 真面目なラブホテル苦境 給付金もGoToも対象外 「推奨されていい」はずなのに

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです