電撃的蜜月関係の背後 米大統領選へアピール 北ハノイの失敗挽回図る

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
板門店で会談し握手するトランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=30日、ロイター
板門店で会談し握手するトランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=30日、ロイター

 トランプ米大統領と金正恩(キム・ジョンウン)朝鮮労働党委員長が30日、非武装地帯(DMZ)内の板門店で電撃的に会談したのは、双方の国内事情から米朝関係の進展を印象づけたい両氏の思惑が一致した結果だった。両氏は互いに個人的関係の良さを強調したが、非核化の手順や方向性を巡る対立は根が深く、電撃会談で見せた「蜜月関係」だけで乗り越えるのは、困難だとみられる。

この記事は有料記事です。

残り2052文字(全文2230文字)

あわせて読みたい

注目の特集