メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州で大雨 熊本・宇城市など9万1000世帯22万人に避難勧告

 対馬海峡にある梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で九州各地は30日、大雨に見舞われた。熊本県では、同日午前11時現在で宇城市や宇土市など少なくとも約9万1000世帯22万人に避難勧告が出た。人的、物的被害は現時点、発生していない。

 気象庁によると、前線は次第に南下して九州南部付近で停滞する見込みで、引き続き警戒を…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. “アベノマスク”大きくなった? 記者の質問に首相は…

  2. 療養ホテル確保数「ゼロ」の沖縄に不快感 菅氏「何回となく促した」

  3. ORICON NEWS 香取慎吾「こんなにテレビ出れないか」独立から3年のホンネ 草なぎの大河出演にガッツポーズ

  4. 国内の感染者、4万人超える 東京で新たに258人 大都市中心に拡大続く

  5. 愛知の新規感染者125人 7日連続で100人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです