メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

九州で大雨 熊本・宇城市など9万1000世帯22万人に避難勧告

 対馬海峡にある梅雨前線に暖かく湿った空気が流れ込んだ影響で九州各地は30日、大雨に見舞われた。熊本県では、同日午前11時現在で宇城市や宇土市など少なくとも約9万1000世帯22万人に避難勧告が出た。人的、物的被害は現時点、発生していない。

 気象庁によると、前線は次第に南下して九州南部付近で停滞する見込みで、引き続き警戒を…

この記事は有料記事です。

残り245文字(全文407文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 山梨のキャンプ場で不明の美咲さん 両親が新たに写真と動画を公開

  2. ソチ五輪銅の平岡選手 ひき逃げ容疑で事情聴取 奈良県警

  3. 気象庁、台風19号を命名へ 42年ぶり

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. 台風19号 「公邸待機」の安倍首相批判を問う

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです