メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

開けてびっくり?「氷室開き」 暖冬で雪氷が枯渇、予備の雪で代用 金沢

暖冬の影響で雪がない氷室小屋。金沢市内の近江町市場などで保管していた雪氷で代用した=金沢市湯涌町で2019年6月30日午前10時16分、日向梓撮影

 金沢市の湯涌温泉一帯で30日、夏の訪れを告げる風物詩「氷室開き」があった。今年は暖冬の影響で、2008年以来11年ぶりに氷室小屋内の雪氷が枯渇。近江町市場などで保管していた予備の雪で代用した。

 氷室開きは江戸時代、加賀藩が冬の間に保存していた雪を夏に徳川将軍家に献上していたことにちなむ行事。1950年代以降は途絶えていたが、86年に湯涌温泉観光協会が氷室小屋を再建して…

この記事は有料記事です。

残り280文字(全文466文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 神奈川県のHDD流出 逮捕の社員「複数回盗んだ」

  2. 沢尻エリカ被告がコメント「立ち直ることを約束」「心の底から後悔」

  3. 伝説の金融庁検査官、目黒謙一さん死去 「半沢直樹」黒崎検査官のモデル

  4. 人気の「金沢21世紀美術館」休館へ 混雑緩和へ改修工事

  5. 日本政府、中村医師の襲撃情報を事前に把握 本人も警戒

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです