全面禁煙1割 51大調査 1日から敷地内義務化 迷惑行為拡散が理由

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷
学外での路上喫煙やポイ捨てをやめるよう呼び掛ける看板=東京都千代田区の上智大学四谷キャンパス正門で2019年6月28日午後1時30分、金秀蓮撮影
学外での路上喫煙やポイ捨てをやめるよう呼び掛ける看板=東京都千代田区の上智大学四谷キャンパス正門で2019年6月28日午後1時30分、金秀蓮撮影

 受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が7月1日に一部施行され、学校や医療機関などは屋外も含めた敷地内での喫煙が原則禁止される。このうち学生1万人以上の51大学の対応を毎日新聞が調べたところ、全面禁煙とするのは6大学にとどまり、43大学は例外的に喫煙所を残すとした。敷地外での路上喫煙や「隠れ喫煙」による火災などの懸念を理由に、法の趣旨に沿った対策が進んでいない。

 受験情報誌などを基に、昨年5月時点の学部生の数が1万人以上の国立11、私立40の計51大学を6月中旬に調査。東京大、立教大以外の49大学が回答した。

この記事は有料記事です。

残り558文字(全文815文字)

あわせて読みたい

注目の特集