メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

「卒煙支援ブース」も 全面禁止迷う大学 敷地禁煙義務化 飲食店率先

学外での路上喫煙やポイ捨てをやめるよう呼び掛ける看板=東京都千代田区の上智大学四谷キャンパス正門で2019年6月28日午後1時30分、金秀蓮撮影

 健康増進法の改正で7月から大学や病院、来年4月からは飲食店などでの受動喫煙対策が初めて義務化されるのに合わせ、各施設は対応を急ぐ。だが、近隣への影響、営業上の事情、路上禁煙との兼ね合いなど要素は複雑に絡み合い、改正法が目指す「望まない受動喫煙ゼロ」がまっすぐ進んでいるわけではない。

「近所に迷惑かけるより…」

7月から義務化が始まる「第1種施設」の中で、大学はこれまでの取り組みが弱く、敷地内禁煙の原則徹底が難しいとみられていた。実際、毎日新聞の調査では、学生数の多い51大学の大半が例外的に屋外喫煙所を残すとしていた。

 「指定された喫煙所以外での喫煙は禁止されています。ルールが守れない場合、喫煙所が閉鎖されます」。東…

この記事は有料記事です。

残り2711文字(全文3021文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS ジオラマで表現したいのは『機動戦士ガンダム第08MS小隊』の“泥臭さ”、「ザクが最も輝くのは裏方の役回り」

  2. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  3. 政宗の隠し子宛て書状か 佐沼亘理家の初代当主へ 宮城

  4. ラグビーW杯、「旭日旗」騒動なしのなぜ?

  5. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです