加熱式たばこって何? 受動喫煙対策対象に 「被害あり」の指摘も

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 なるほドリ 火をつけないたばこを吸(す)っている人を、最近よく見るよ。

 記者 「加熱式(かねつしき)たばこ」ですね。専用の器具(きぐ)を使ってタバコの葉を燃えない温度で熱し、発生した蒸気(じょうき)を吸って楽しみます。国内では2014年に発売され、シェアをたばこ全体の23%に伸ばしています。

 Q 7月から法律が改正されて、たばこを吸えない場所ができたと聞いたよ。加熱式たばこも対象になるの?

 A なります。紙巻(かみま)きのたばこと同様、学校、病院、役所などの敷地(しきち)内では原則吸ってはいけません。一方、来年4月から始まる飲食店や事業所での規制では、紙巻きたばこが飲食禁止の喫煙室(きつえんしつ)でしか吸えないのに対し、加熱式たばこ専用の喫煙室では飲食してもいいことになっています。差をつけた理由を、厚生労働省は「加熱式たばこの健康影響を判断するデータが蓄積(ちくせき)されていないた…

この記事は有料記事です。

残り349文字(全文746文字)

あわせて読みたい

注目の特集