メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

No Pain No Gain

W杯に出場した当時と今、「自信」が大きく違う=箕内拓郎

ラグビー元日本代表主将・箕内拓郎さん

 私は日本代表の主将としてラグビー・ワールドカップ(W杯)には2003年オーストラリア大会、07年フランス大会に出場しましたが、周囲のサポートのおかげで、主将を務めあげることができたと思っています。

 02年に行われたロシア代表とのテストマッチで代表初キャップを獲得し、主将も務めました。当時の向井昭吾監督は、英国のオックスフォード大に留学していた私のフィジカル(肉体的な強さ)が外国人選手にも引けを取らないため、主将に選んだそうです。監督自身の「色」を出すには、私がチームに合っていると考えたのかもしれません。

 「思い切ってやっていいよ」と声をかけてくれた元木由記雄さん(元神戸製鋼)をはじめとした先輩方、大畑…

この記事は有料記事です。

残り888文字(全文1193文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 松尾貴史のちょっと違和感 台風15号が千葉県直撃 組閣を優先した「棄民」政権

  2. 犯罪被害にあった上、苦しい生活 なぜ経済的支援は届かないのか

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです