メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

市井紗耶香氏、蓮舫コーデで街頭デビュー「子育て世代に温かい社会を」(スポニチ)

恵比寿駅の街頭で初の演説を行った市井紗耶香氏。憧れの蓮舫氏とそっくりの白ジャケット、黒のインナーを着用して臨んだ=スポニチ提供

[PR]

 国会閉幕で参院選(7月4日公示、21日投開票)が事実上スタートした後、初の週末を迎えた29日、与野党の幹部や立候補予定者が各地で支援を求めた。都内では立憲民主党の比例代表で立候補を予定している「モーニング娘。」元メンバーの市井紗耶香氏(35)が初の街頭演説。憧れの蓮舫副代表(51)とそろいのコーディネートでデビュー戦に臨んだ。

 開始直前にスタッフが「元モーニング娘。の市井紗耶香氏が街頭演説します」と何度もアピールし、約500人が集まったJR恵比寿駅前。市井氏は黒いインナーに白いジャケットという、蓮舫氏とそろいのコーディネートで登場。「このたび、参院選に挑戦させていただくことになりました」とやや硬い表情であいさつした。

 「14歳から2年間、モーニング娘。として活動した」と自己紹介した上で「あまりにも子育て世代の当事者が国会議員に少ない」と出馬の理由を説明。2〜14歳の4人を育てる自身の経験を踏まえ、働きながら子育てする母親の心身の負担や経済的負担の大きさを例に「本当に温かい社会になっているのか疑問だ。社会全体で考えて変えていきたい」と訴えた。

 一方、約5分間の演説で具体的な政策や財源に関しては踏み込まなかった。大勢の人が見守った割に、市井氏の訴えに対する拍手はまばら。長女の年齢について本来14歳と言うところを「12歳」と言い間違えるなど、初々しさが目立った。

 終了後は取材に対応。“蓮舫コーデ”について「(蓮舫氏と)打ち合わせとかは全くしていない」と説明し「白は普段着たことがなく、新鮮で身が引き締まる思いです」と語った。子供たちの前で演説の練習を重ねてきたという“デビュー戦”を終え「(タレント活動の)ステージとは全く違う緊張感だった」と振り返った。

 蓮舫氏によると、今後は子育て支援を訴える全国の候補者の応援に入る見通し。市井氏は「保育園に預けている子供もいるので、この先の街頭演説は限定的な稼働になるが、できるだけ子育てと両立しながら訴えていきたい」と意気込んだ。(スポニチ)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  4. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

  5. クックパッドニュース 「秋の味覚」をぎゅっと詰め込んだ旬食材たっぷりのお弁当!

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです