メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

クルマの「あおり運転」は海外にも存在するのか?

情報提供:カートップ

クルマの「あおり運転」は海外にも存在するのか?

アメリカではどこでもあおり運転が多く見受けられる

 1)米テールゲイティングの場合

「もう、やんなっちゃう。さっき、会社から帰りのフリーウエイで、テールゲイティングされたのよ。頭にきちゃう!」。アメリカの共働き夫婦、奥さんが旦那さんの帰宅直後にそんな話題を持ち出す。

 こうした光景はけっして珍しくない。本来、テールゲイトとはクルマの車内後部を指す。そこに後続車が接近して走行する行為を「テールゲイティング」と呼ぶ。日本語に訳せば、これがあおり運転に相当する。

 アメリカではテールゲイティングが原因とみられるフリーウエイでの大事故が多い。これは都市部や地方部での差はなく、全米どこでも運転が粗い人が目立つ。

海外のあおり運転

 筆者は約40年間、全米各地で実際に運転してきたが、その経験でいうと、運転の粗さが目立つのは、ミシガン州デトロイトや、カリフォルニアの南側のオレンジカウンティ。実勢速度が高く、さらにテールゲイティングが多い印象がある。

 この他、ピックアップトラックやフルサイズSUVが多く「トラックカウンティ」と称されるテキサス州でも、テールゲイティングをよくみかける。

海外のあおり運転

 こうした事態を警察も承知していて、車間距離違反での摘発を強化している。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  2. 台風17号 暴風でトタン屋根吹っ飛び民家に直撃 福岡・宗像

  3. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

  4. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  5. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです