メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

WEB CARTOP

日本車は右で輸入車は左! そもそもウインカーレバーの位置はどう決まった?

情報提供:カートップ

日本車は右で輸入車は左! そもそもウインカーレバーの位置はどう決まった?

ギヤ操作を行う方の反対側で細かな操作をするのが基本

 ご存じのように、日本車のウインカーは右。輸入車は左ハンドルだろうが、右ハンドルだろうが、基本は左。ごく一部に日本仕様の右ハンドルは右ウインカーにしてくれた輸入車もあったが、そうしたからといって販売が爆発的に上向くでもなく、最近は見かけなくなってしまった。

 輸入車はISOで左ウインカーと決められていて、日本の場合はJISで右ウインカーが定められているからそうなっているというのはあるが、そもそもなぜ輸入車は左にウインカーがあるのか? 日本車はなぜ右なのか?

 もともと、左ハンドルの国もその昔は右ハンドルだったのだ。クルマが普及した初期、1910年ごろのヨーロッパ車の写真を見ても、右ハンドルだったことがわかる。

左ウインカー

 理由はちゃんとあって、当時はフロアシフトはなかったというか技術的に難しかったので、ギアシフトやハンドブレーキは外に設置してあった。

左ウインカー

 別に左側でもいいように思えるが、右のほうがシフトをするのに力が入れやすい(今みたいスコスコ入るわけではない)ということで、右手で外にあるシフトを操作すべく右ハンドルとなった。そうなると、細かい操作は左手が行なうのが自然な流れだ。後年、フロアシフトに移行しても右手でシフト、左ウインカーとなり、現在に至っている。

【続きはこちら】


情報提供:カートップ

おすすめ記事

広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 即興、紙見ず3分間 小泉環境相 初国連演説手応え 内容は具体性なく

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. ラグビーW杯、食品持ち込みOKに 飲料はこれまで通り禁止

  4. 「助けて」茨城・境町で夫婦死亡 県警は殺人事件で捜査

  5. 「ポイント還元どうしたらいい」高齢者や生活保護受給者が困惑の声 消費増税

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです