メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

政府

半導体材料、対韓輸出制限 徴用工問題で対抗措置

 政府は1日、韓国に対する半導体材料の輸出手続きを厳格化する方針を発表した。手続きを簡略化する優遇措置を取っていたが、輸出契約ごとに政府が審査・許可する方法に切り替え、半導体を主要産業とする韓国への輸出を制限する。徴用工問題の解決に向け、韓国の行動を促すための事実上の対抗措置となる。【松本尚也】

 手続き厳格化の対象は、スマートフォンの画面などに使うフッ化ポリイミド、半導体製造に使用するレジスト(感光剤)、フッ化水素の3品目。これまでは韓国企業が複数製品の輸出をまとめて申請できる優遇措置を取っていたが、4日に対象から外す。

 3品目の国内生産量は、世界生産量の大半を占めており、半導体大手のサムスン電子など韓国電機企業は多く…

この記事は有料記事です。

残り548文字(全文861文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  3. ORICON NEWS 急性白血病で闘病中の岡村孝子、インスタで退院を報告 ファンから祝福の声

  4. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

  5. アイヌ「先住民否定」日本会議が講演会 札幌市施設で開催へ 抗議相次ぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです