メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

拉致家族「良い方向」願う

 北朝鮮による拉致被害者の家族は30日、3回目となる米朝首脳会談のテレビ中継を見守り「拉致問題も良い方向に向かってほしい」と願った。一方、安倍晋三首相が目指す日朝首脳会談の見通しは立たず、早期の実現を求める声が上がった。

 市川修一さん(失踪当時23歳)の兄健一さん(74)は、南北軍事境界線を行き来し、撮影に応じたトランプ米大統領と金正恩朝鮮労働党委員長の姿に「パフォーマンスと感じたが、拉致問題の解決が進むきっかけになればありがたい。希望は捨てたくない」と話した。

 安倍首相はトランプ大統領に拉致問題の進展につながる日朝首脳会談への協力を要請しているが、健一さんは…

この記事は有料記事です。

残り333文字(全文616文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 子育て親子 かわいい服、どこが危ない?

  2. 川に乗用車転落 車内の3人死亡 家族か 広島

  3. 西川さん絶叫「揺らせよ!」観客熱狂 イナズマロックフェス2019開幕 滋賀・草津

  4. 松井・大阪市長の処理水発言に、近隣県知事らが異論

  5. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです