連載

特集ワイド

「人だかりがする」ニュースを目指して、読み応え十分の記事をラインアップ。

連載一覧

特集ワイド

松田喬和のずばり聞きます 細野豪志・元環境相 2大政党へ再挑戦失敗 安倍政権の政策を評価

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
松田喬和客員編集委員の質問に答える細野豪志衆議院議員=東京都千代田区の議員会館で2019年6月26日、山下浩一撮影
松田喬和客員編集委員の質問に答える細野豪志衆議院議員=東京都千代田区の議員会館で2019年6月26日、山下浩一撮影

憲法改正、与野党の枠超え議論を

 かつて「民主党のプリンス」と評された細野豪志衆院議員(無所属)が、二階俊博・自民党幹事長を後ろ盾に同党入りを目指している。「昨日の敵は今日の友」とも言われる政界。だが、この行動に対しては、党の内外から不満や批判の声が出ている。どう説明するのだろうか。松田喬和・毎日新聞客員編集委員が聞いた。【構成・鈴木美穂、写真・山下浩一】

 --国政は「安倍1強」「自民1強」という「ダブル1強」状態です。「決められる政治」というプラス面はあっても、党内の異論を封じる負の側面もある。自民党の現状をどう見ていますか。

この記事は有料記事です。

残り2422文字(全文2688文字)

あわせて読みたい

注目の特集