メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

見上げてごらん

地球防衛への備え=永山悦子

 「地球防衛」というと、宇宙戦艦ヤマトや機動戦士ガンダムを思い出す人がいるかもしれない。しかし、そんな夢物語ではなく「地球防衛(Planetary Defense)」について、世界の科学者たちが真剣に議論している。

 6月30日は「小惑星の日」だった。1908年のこの日、ロシア・シベリアに直径約60メートルの小天体が衝突し、東京都くらいの面積の森林を焼いた。この教訓を伝えようと、ロックバンド「クイーン」のブライアン・メイさん(天体物理学者としても有名)、理論物理学者の故スティーブン・ホーキングさんらが提唱した。

 地球は、常に小天体衝突の危機にさらされている。多くは地球をかすめたり、大気圏で燃え尽きたりしている…

この記事は有料記事です。

残り655文字(全文962文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新宿御苑、お酒ダメなはずなのに…首相「桜を見る会」だけ特例?

  2. ORICON NEWS 俳優・滝口幸広さん死去 34歳 共演者“仲間”たちが続々追悼「早すぎるって」

  3. ORICON NEWS ゴールデンボンバー、12・28新アルバム『もう紅白に出してくれない』発売 紅白出場者発表日に発表

  4. 政治 首相ヤジに「#共産党は私だ」「#共産党は仲間だ」投稿広がる

  5. 途上国の問題を体験・共感して 「すごく恥ずかしい」シースルートイレが登場

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです