メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

金時鐘さん渡日70年 「越境する言葉」の力、再考 大阪で国際シンポジウム

シンポジウムでスピーチする詩人の金時鐘さん=大阪市北区の大阪大学中之島センターで2019年6月16日、関雄輔撮影

 『新潟』『猪飼野詩集』などで知られる在日コリアンの詩人、金時鐘(キムシジョン)さん(90)が日本に来て、今年で70年が過ぎた。在日の立場から日本社会を見つめ、詩作とさまざまな言葉の発信を重ねてきた金さん。生誕90年と渡日70年を記念する国際シンポジウム「越境する言葉」が6月、大阪大中之島センター(大阪市北区)で開かれ、研究者らがその業績を振り返った。【関雄輔】

 金さんは1929年、日本の植民地下の釜山で生まれた。皇民化教育で日本語を身に付け、「皇国」の勝利を…

この記事は有料記事です。

残り1014文字(全文1246文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 拝啓 ベルリンより ベビーカーでの外出ってこんなに気楽だったっけ?

  2. ツイッターに犬暴行映像 小型犬首つり、地面にたたきつけ 通報相次ぎ福岡県警捜査へ

  3. 「ニセモン」? これってアリ? 中国版ポケモンGOを現地でプレーしてみた

  4. エレキテル連合の中野さんが結婚 松尾アトム前派出所さんと

  5. オリオン座ベテルギウス、寿命が尽き超新星爆発?異常な暗さにネット上で臆測 専門家は否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです