メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

Topics

絵本を舞台化「ビビを見た!」 巧妙に利くブラックユーモア

演出家の松井周(左)と女優の石橋静河=田中博子撮影

 ある日、盲目の少年の目が見えるようになった途端に周囲の人は目が見えなくなり、街に巨大な敵が襲って来た……。そんな衝撃的な内容の絵本を舞台化した「ビビを見た!」が4~15日、KAAT神奈川芸術劇場(横浜市中区)で上演される。

 上演台本と演出を手がけるのは松井周。先行きの見えない現代社会と、「目が見えない」という設定を重ね合わせ「観客にその状況を体感してもらいたいと思った」と狙いを話す。

 巨大な敵の襲来で群衆がパニックに陥る中、少年は破れた羽と触角を持つ不思議な少女ビビ(石橋静河)に出…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文728文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 国民民主の両院議員総会 津村副代表がツイッターで自爆し紛糾

  2. 首相が演説で地方創生の成功例として紹介した男性、島根県外に転居していた

  3. 米兵から性暴力被害を受けた豪女性 安倍首相あてに日米地位協定の改定要望

  4. 全盲女性にCBCが謝罪と和解金 コンサートで不適切対応

  5. 「桜を見る会」廃棄されたはずの内閣府資料あった 2014~19年の招待者数も公表

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです