メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

けったいなやっちゃ!

勝手に大阪弁案内 しんきくさい=桂二葉

恋患いの若旦那みたいな

 梅田の喫茶店でお茶してたら、隣の席でサラリーマンが部下に説教をしたはりました。この上司、「今度やったらクビやで」の一言をよう言わんみたいで、優しくまろやかに30分。遠回しすぎて部下には伝わらず、「ああ、しんきくさ……」。思わず言うてしまいそうになりました。

 「しんきくさい」は「もどかしい、じれったい、うっとうしい、くさくさする、いら立たしい、くだくだしい、などという、いぶせき状態をさす語である」と敬愛する田辺聖子先生。「しんき」だけでも同じ意味やのに、そこにまた「くさい」が付くのが面白い。イラチの大阪人ならではの言葉ちゃうやろか。落語「崇徳(すとく)院」に出てくる若旦那の作次郎は、どこの人かわからない女…

この記事は有料記事です。

残り477文字(全文794文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 3分でわかる政治の基礎知識 「27億円」秋篠宮さまが公費支出に疑問 大嘗祭の秘儀と費用

  2. 月夜に浮かぶ「青い池」 幻想的な光景に感嘆 北海道・美瑛

  3. 「桜を見る会、20年開催中止」安倍首相が説明の意思 衆参予算委で

  4. 声変わり前の中学生が女子高生のふり 出会い系アプリで誘い暴行

  5. 「桜を見る会、気にくわない」安倍首相写るポスター損壊容疑 80歳男逮捕 兵庫

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです