メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

お笑いコンビ「チョップリン」

結成20周年 コントで見せる2人の世界 13日、大阪で記念ライブ

20周年の記念ライブを開く「チョップリン」の小林幸太郎(左)と西野恭之介=山田夢留撮影

 コントの舞台は日常なのに、そこから独創的な発想でシュールな笑いを生み出していく。お笑いコンビ「チョップリン」は今年結成20周年。小学校で出会って以来、面白いことをやり続けてきた仲良し2人が、記念の単独ライブ「7300days」をABCホール(大阪市福島区)で開く。

 ティッシュペーパーを一枚一枚箱から出し、「大丈夫なやつ」と「大丈夫じゃないやつ」に仕分ける検品バイトの話「ティッシュ」。全身黒タイツで物憂げな“影”が「熱っぽい」を理由に“本人”とは別行動を取る「影」。ボケの小林幸太郎のどこか浮世離れした雰囲気が作る個性的なキャラクターと西野恭之介が繰り出す…

この記事は有料記事です。

残り422文字(全文702文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 桜を見る会  安倍事務所名の申込書使い自民・下関市議が「地方枠」で支援者招待

  2. 富山・朝日町教委、竹田恒泰氏講演中止 「教育勅語広める」授業に批判

  3. 桜を見る会 安倍首相の元秘書・下関市長はこう答えた…定例記者会見・一問一答

  4. 神戸・教諭いじめ 兵庫県警が加害教諭から任意聴取 暴行容疑など立件できるか判断へ

  5. 桜を見る会前夜祭で首相説明「費用の明細書ない」「800人参加」「食事代の領収書ない」

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです