メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

東北おひさま発電

牛フン利用、飯豊で発電 国内最大級、今月上旬に着工 /山形

造成工事が進むバイオガス発電所の建設地=山形県飯豊町で

 高級牛肉「米沢牛」の4割を生産する飯豊町で、肉牛のフンを利用して発電する施設としては日本最大規模となる「バイオガス発電所」が7月上旬、着工予定となった。来春の本格稼働を目指す。国が推進する「バイオマス産業都市」に認定されている同町も支援し、持続可能な社会づくりを進めていく。【佐藤良一】

 同町添川に建設予定で、再生可能エネルギー事業を展開する東北おひさま発電(長井市)が整備、運営する。現在は造成工事中で、整備面積は約8900平方メートル。町は周辺道路や水道などのインフラ整備を支援する。

 発電規模は500キロワット。一般家庭約700世帯分に相当する年間約360万キロワット時の発電を行う計画だ。建設費は約10億円で、国から約1億8000万円の補助を受ける。

この記事は有料記事です。

残り557文字(全文887文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 原田泰造、藤田まことさんの“はぐれ刑事”を受け継ぐ「シリーズ化したい」

  2. 日本の「感染者バッシング」「マスク警察」は、なぜ? コロナ禍があぶりだした「世間」の闇

  3. 着けたまま飲食できるフェースガード開発 「ラーメンも大丈夫」 群馬・渋川のグッズメーカー

  4. 福岡市、ハンコレス化完了 独自に3800種類の書類を全廃

  5. 「自殺ない社会、作っていただけるようお願い」 官房長官 7月以降、増加に転じ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです