メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

次期衆院選

野党統一候補で宮崎氏出馬意欲 /群馬

 前回衆院選(2017年)の群馬1区で希望の党から立候補し落選した宮崎岳志元衆院議員(49)は30日、前橋市内であった自らの集会で次期衆院選について言及し、「旧民主党系の流れをくむ政党のどこかに所属して『野党統一候補』の旗を掲げて戦いたい」と述べ、野党統一候補としての立候補に向けた希望を述べた。

この記事は有料記事です。

残り169文字(全文317文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 細いながらもつながっていた父と子…ある出来事が引き金に 長男刺殺の元農水次官、16日午後判決

  2. 子宮頸がん HPVワクチン 放置はもうゆるされない 厚労省は逃げるな

  3. 弘前藩が「秘薬」アヘンを製造 「気分良くなる」と評判、偽薬も流通

  4. 桜を見る会 官僚「のらりくらり答弁」の背後に何があるのか

  5. 手足伸ばして極楽、極楽♪温泉楽しむニホンザルが人気 北海道

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです