府高野連

審判員も準備着々 夏の大会へ講習会 /京都

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
ライン際への打球の判定を練習する審判員ら=京都市右京区のわかさスタジアム京都で、添島香苗撮影
ライン際への打球の判定を練習する審判員ら=京都市右京区のわかさスタジアム京都で、添島香苗撮影

 6日に開幕する第101回全国高校野球選手権京都大会(府高野連、朝日新聞社主催)に向けた審判講習会が6月30日、わかさスタジアム京都(京都市右京区)であった。10~60代の55人が参加。雨天のため室内練習場とグラウンドを行き来しながら実践練習を積んだ。

 まず「プレー」「ストライク」など声を出しながら…

この記事は有料記事です。

残り128文字(全文278文字)

ご登録から1カ月間は100円

※料金は税別です

あわせて読みたい