メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

豊中かがやき大賞

インラインスピードスケートで功績、千里青雲高3・川口さんに /大阪

インラインスピードスケートの靴を見せながら豊中かがやき大賞受賞を喜ぶ川口哲平さん(右)と小川真監督=大阪府豊中市役所で、三角真理撮影

 ローラースポーツの一種インラインスピードスケートの国内大会で好成績を重ねている府立千里青雲高3年、川口哲平さん(17)が「豊中かがやき大賞」(豊中市主催)を受賞した。今年4月東京で行われた「第66回全日本トラックレーススピード選手権大会」で3種目で1位になるなど活躍を続けており、その功績がたたえられた。川口さんは「目標は世界選手権でメダルをとることです」と少し恥ずかしそうに話した。【三角真理】

 インラインスピードスケートは、車輪(直径約11センチ)が三つまたは四つ、縦一列についているローラー…

この記事は有料記事です。

残り517文字(全文766文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. デマがSNSで拡散「武漢から関空入りの新型肺炎患者が逃走」 モザイク入り微博画像から

  2. 出場32校決定、初出場は5校 3月19日開幕 第92回選抜高校野球

  3. 南海トラフ地震津波確率 和歌山、高知など5メートル以上「非常に高い」 初の推計発表

  4. 「タイプだった」患者に強制性交容疑 55歳婦人科医院院長を逮捕 警視庁

  5. 「結婚しなくていい」ヤジ問題で自民・杉田水脈氏、無言貫く 携帯を耳にあて立ち去る

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです