連載

支局長からの手紙

毎日新聞デジタルの「支局長からの手紙」ページです。最新のニュース、記事をまとめています。

連載一覧

支局長からの手紙

高松空襲、死者のうめき /香川

  • はてなブックマーク
  • メール
  • 印刷
高松市中心部の国道11号「中新町交差点」の地下道出入り口=高松市で、佐々木雅彦撮影
高松市中心部の国道11号「中新町交差点」の地下道出入り口=高松市で、佐々木雅彦撮影

 高松市中心部の国道11号「中新町交差点」の下を通る地下道。ここを「戦場跡なのだ」と詠んだ詩があります。詩集「地中の法廷」(1995年発行)の1編「壕(ごう)」です。作者は篠永哲一さん(78)=高松市、写真<下>。詩集には高松空襲を庶民目線で告発した16編が収められており、私は高松支局員だった95年に読み、ずっと手元に置いていました。篠永さんにお会いせずに香川から転勤したのが心残りだったのですが、先日、待望の取材を果たしました。

 交差点は戦中、ロータリー式で、中央部に防火貯水槽がありました。「壕」の一部を紹介します。

この記事は有料記事です。

残り877文字(全文1138文字)

あわせて読みたい

注目の特集