メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

米大統領、初の北朝鮮入り 正恩氏と板門店・非武装地帯で3回目 非核化協議再開へ

南北軍事境界線の北朝鮮側に立ったトランプ米大統領(左)と金正恩朝鮮労働党委員長=板門店で30日、AP

 トランプ米大統領と金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長は30日、韓国と北朝鮮との南北軍事境界線がある非武装地帯(DMZ)内の板門店(パンムンジョム)で会談した。会談に先立ちトランプ氏は現職米大統領として初めて境界線を越え、北朝鮮側に足を踏み入れた。今年2月のハノイ以来で3回目となる会談は、トランプ氏のツイッターを通じた呼びかけをきっかけに実現。米朝関係の進展を印象づけたい両者の思惑が一致した形だが、会談の成果は北朝鮮の非核化に向けた実務協議の再開にとどまった。【ソウル高本耕太、渋江千春】

 両首脳は軍事境界線上で面会。握手を交わした後、トランプ氏が境界線を指さし「一歩越えましょうか」と話しかけると、金氏は「史上初めて私たちの土地を踏む米大統領になりますね」と応じた。2人はともに北朝鮮側に足を進め、再び韓国側に入った。金氏は「良くない過去を清算し、よりよい未来を切り開こうという並外れた英断だ」とトランプ氏を称賛。トランプ氏も「境界線を越えたことは光栄だった。金委員長に感謝したい」と応…

この記事は有料記事です。

残り823文字(全文1272文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 園児20人、保育士2人感染 東京・文京区の保育園 22日まで臨時休園

  2. 沖縄米軍基地で45人の集団感染 普天間とCハンセンで「ロックダウン」実施

  3. 軽ワゴンとデイサービス送迎車が衝突、5人死傷 滋賀・湖南

  4. 「母親ならポテトサラダくらい作ったらどうだ」 ツイートが大反響を呼んだ三つの視点

  5. どこへGo Toすれば… 外出配慮?旅行? 都民惑わす政策のちぐはぐ

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです