メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全面禁煙

大学6校のみ 大規模51校 「隠れ喫煙」懸念 毎日新聞調査

 受動喫煙対策を強化する改正健康増進法が7月1日に一部施行され、学校や医療機関などは屋外も含めた敷地内での喫煙が原則禁止される。このうち学生1万人以上の51大学の対応を毎日新聞が調べたところ、全面禁煙とするのは6大学にとどまり、43大学は例外的に喫煙所を残すとした。敷地外での路上喫煙や「隠れ喫煙」による火災などの懸念を理由に対策が進んでいない。

 受験情報誌などを基に、昨年5月時点の学部生の数が1万人以上の国立11、私立40の計51大学を6月中旬に調査。東京大、立教大以外の49大学が回答した。

この記事は有料記事です。

残り489文字(全文737文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ソフトバンクの選手が付けている目の下の「黒いアレ」って何?

  2. 大人気、耳にかけないマスク 「小耳症」の人にも 誰もが当たり前に着けられるように

  3. GSで偽1000円札使われる 山口・下関 透かしある手の込んだ作り 記番号や印影はなし

  4. 無期転換パートの待遇改善請求を棄却 正社員と異なる労働条件指摘 大阪地裁判決

  5. 「桜を見る会」答弁 菅首相「事実が違った場合は私にも責任」 衆参予算委詳報

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです