メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

クローズアップ

米朝「非核化」演出 日朝、対話見えず(その1)

板門店で会談し握手するトランプ米大統領(右)と北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長=30日、ロイター

功焦るトランプ氏 ツイッターで呼び掛け

 トランプ米大統領と金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長が30日、非武装地帯(DMZ)内の板門店で電撃的に会談したのは、双方の国内事情から米朝関係の進展を印象づけたい両氏の思惑が一致した結果だった。両氏は互いに個人的関係の良さを強調したが、非核化の手順や方向性を巡る対立は根が深く、電撃会談で見せた「蜜月関係」だけで乗り越えるのは、困難だとみられる。

 「特別な瞬間」「正しい方向への一歩だ」。トランプ氏は、現職米大統領として初めて北朝鮮側に足を踏み入…

この記事は有料記事です。

残り2270文字(全文2516文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 参院補選2019 N国・立花党首「埼玉補選に落ちたら海老名市長選に立候補」と表明

  2. 拳銃置き忘れの女性巡査長に停職1カ月 風俗店でバイトも 依願退職

  3. 自民・岸田氏「補正予算案 1兆円超す規模」 台風19号

  4. 山口組ナンバー2出所 暴力団の勢力図、塗り替わる可能性も

  5. 菅原経産相の金品配布疑惑 選挙区の有権者複数が「メロンもらった」と証言

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです