メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

メディアの戦後史

雑誌ジャーナリズム 社会正義に資する役割

 雑誌編集のプロが選ぶ一押しの記事とは、どんなものなのか。

 編集者有志の投票によって決まる「編集者が選ぶ雑誌ジャーナリズム賞」。第25回を数える今年の大賞受賞作は、週刊新潮(2018年4月19日号など)が報じた財務事務次官のセクハラ問題だった。新聞、テレビも巻き込んで、次官は辞任に追い込まれた。また、片山さつき氏の口利き問題(週刊文春)などにスクープ賞ほかが贈られた。

 賞は前年に発表された雑誌記事が対象で、自らが所属する媒体の記事には投票できない。事務局によると、投票者から参加費2000円を徴収し、授賞式の費用などに充てる。今回は出版社など12社の16媒体から有志105人が投票に臨んだ。近年はおおむね100人超が参加しているという。

この記事は有料記事です。

残り1192文字(全文1512文字)

コメント

投稿について

読者の皆さんと議論を深める記事です。たくさんの自由で率直なご意見をお待ちしています。

※ 投稿は利用規約に同意したものとみなします。

利用規約

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「コロナで仕事なくて…」 詐欺容疑で「受け子」の19歳を逮捕 埼玉県警

  2. 縫製技術生かし医療用ガウン80万着 兵庫のかばん組合、経産省に直談判し受注

  3. 少子化 「第1子に100万円」 子供を産みたいと思える環境作りを早急に

  4. 「第2波の渦中」北九州市長が危機感 「この2週間が正念場」と協力要請

  5. 10万円を2196人に二重給付 大阪・寝屋川市、計2.1億円返還求める

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです