メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

米朝首脳会談

電撃会談、韓中露歓迎 韓国「3者」扱いホッと 米朝には同席せず

南北軍事境界線の近くで談笑するトランプ米大統領(左)、北朝鮮の金正恩朝鮮労働党委員長(中央)、韓国の文在寅大統領=30日、AP

 南北分断の象徴である板門店(パンムンジョム)での米朝首脳会談を受け、関係国は歓迎する意向を表明した。米朝の仲介役を自任してきた韓国、米国との対立点を抱える中国とロシア。それぞれの事情を探った。

 韓国の文在寅(ムンジェイン)大統領は、トランプ米大統領と金正恩(キムジョンウン)朝鮮労働党委員長との会談に同席しなかった。米朝首脳間で親書が直接やりとりされる中、仲介役を誇示できる状況になく、米朝対話の「促進役」として一歩引くのが現実的と判断したようだ。

 文氏は、米朝首脳が韓国側施設「自由の家」に移動する際に短時間姿を見せ、「トランプ大統領の大胆な提案…

この記事は有料記事です。

残り2578文字(全文2853文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「パパ活」「ママ活」待った! 埼玉県警、ツイッターで警告配信

  2. 映画「宮本から君へ」への助成金取り消し 公益性理由、要綱改正も

  3. ドレスコード違反? 「違和感」招いた安倍昭恵氏の即位礼の衣装とは

  4. 「前代未聞」元看護助手「自白維持」の上申書書かされる 滋賀・病院患者死亡

  5. 再審無罪が確実の元看護助手、安堵の表情「両親が安心する」 滋賀・病院患者死亡

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです