メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

SDGs・持続可能な未来へ

/8 大和証券グループ お金の流れを課題解決へ

 大和証券グループは昨年取りまとめた中期経営計画にSDGsの観点を取り入れ、経営戦略の一環として推進している。中田誠司社長をトップとする「SDGs推進委員会」を発足させたのもその表れ。従来のCSR(企業の社会的責任)関連部署も、委員会の事務局として発足したSDGs推進室に統合した。

 推進室の川那部留理子室長(39)は「本業で利益を得ながら社会課題を解決する。CSRからCSV(共通価値の創造)への流れの中でSDGsを位置づけています」と語る。

 これまでも証券会社は本業を通じた社会貢献として、社会課題解決を図る用途に資金が充当される商品を扱っ…

この記事は有料記事です。

残り519文字(全文791文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  4. 知事が「非国民」と非難される「気味悪さ」 秋田選挙区どうなるか
  5. 10~30代の死因1位は自殺 G7で日本のみがトップ

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです