メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

学校とわたし

「女の世界」攻略術知った=美容家・神崎恵さん

神崎恵(かんざき・めぐみ)さん

 小学生のころから読書や作文が好きでした。一日に一度は街の本屋に通っていました。ジャンルにこだわりはなく、先生に薦められた伝記を読んだり、推理小説や恋愛小説を手にとってみたり。社会科の勉強のためにと政治の本に挑戦したこともありました。

 実家にはさまざまな図鑑や辞書がそろっていました。読書中に知らない言葉に出あうと、意味を調べて、その説明文の中にさらに分からない言葉があると、また調べる。「リレー方式」でどんどん言葉が身についていった気がします。

 中学、高校はどちらも女子校。放課後はピザの食べ放題の店に行き、食べ終わったらカロリーを消費するためにカラオケで歌って……と忙しかったです。先生の目を盗んで色つきの「リップ」を使ったり、スカートの裾を短くしたりしたこともよい思い出です。

この記事は有料記事です。

残り652文字(全文1008文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 新型コロナ変異株、東京の40代男性が感染 10代未満女児の濃厚接触者

  2. #自助といわれても 気づいたら全財産103円 42歳女性が「見えない貧困」に落ちるまで

  3. ビニール袋に包まれた母 触れることさえできない別れ 心の中で「ごめんね」

  4. 野党が問題視 菅首相の「一度決めたら絶対変えないかたくなさ」と「鈍さ」 予算委攻防

  5. 「GoToトラベル」開始後に旅行関連の感染者増加 京大・西浦教授分析

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです