メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

ユニバーサルデザイン 「個」に配慮、意欲や理解向上

福岡市立住吉中学校でも黒板の周囲には掲示物がほとんどなく、すっきりしている=福岡市博多区で6月4日

 <kyoiku no mado>

 発達障害や色覚障害などの児童生徒に配慮したユニバーサルデザイン(UD)の考えを取り入れた学校づくりが注目されている。「個」への配慮から始まった取り組みだが、研究校では全体の学習意欲の向上につながるなど波及効果が出ている。【飯田憲】

 ●黒板すっきり

 「分数×分数の仕方を考えよう」。6月4日、福岡市博多区の市立住吉小学校。6年生の算数の授業で、男性教諭は、この日の授業の目標を黒板に書いた。黒板の周辺には掲示物などはなく、すっきりとしている。

 一見殺風景に見えるが、発達障害の子どもは、掲示物や壁の汚れに気をとられて授業に集中できないケースが…

この記事は有料記事です。

残り1239文字(全文1527文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. あなたの参院選 後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです