メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 埼玉・自然学園中の新入生/4 胸の内言えるまで

50メートル走のタイム測定に挑む秀太郎さん=埼玉県春日部市で

 <kyoiku no mado>

 言葉を覚えるのが遅いな--。母親(38)が息子の発育に不安を覚えたのは3歳の頃だった。いくつかの病院を回ると、いろんな診断名を告げられた。広汎(こうはん)性発達障害、学習障害、知的障害……。「どれが本当?」

 その後、夫の仕事で一家で渡米し、帰国したのは息子が小学3年生の時。公園近くの家を選んだ。「公園でたくさん友達を作ってほしい」。だが、息子は“集団”になじめなかった。子どもたちが遊んでいるところへ息子を残し、少し遠くから眺めていたら、一人で戻ってきた。その公園は、今も近くて遠い場所だ。

 息子の秀太郎さん(仮名)は今春、埼玉県春日部市のフリースクール「自然学園中学部」に入学した。3人の…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1073文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. アニメ「エヴァンゲリオン」制作会社に放火予告 容疑で岡山の無職男逮捕

  2. 独り暮らしの母犠牲「悔やみきれない」駆けつけた息子、手縫いの品見つめ 福島・本宮

  3. 「声をかける暇もなかった」遺体発見 なぜ…悔やむ生存者 福島・本宮

  4. 「こんなこと想像も」停電、断水のタワマン疲れ果て 武蔵小杉ルポ

  5. テレ朝報道番組「スーパーJチャンネル」でやらせ スーパーの客5人はディレクターの知人、関係者だった

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです