メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

教育の窓

子どもの気持ち 埼玉・自然学園中の新入生/4 胸の内言えるまで

50メートル走のタイム測定に挑む秀太郎さん=埼玉県春日部市で

 <kyoiku no mado>

 言葉を覚えるのが遅いな--。母親(38)が息子の発育に不安を覚えたのは3歳の頃だった。いくつかの病院を回ると、いろんな診断名を告げられた。広汎(こうはん)性発達障害、学習障害、知的障害……。「どれが本当?」

 その後、夫の仕事で一家で渡米し、帰国したのは息子が小学3年生の時。公園近くの家を選んだ。「公園でたくさん友達を作ってほしい」。だが、息子は“集団”になじめなかった。子どもたちが遊んでいるところへ息子を残し、少し遠くから眺めていたら、一人で戻ってきた。その公園は、今も近くて遠い場所だ。

 息子の秀太郎さん(仮名)は今春、埼玉県春日部市のフリースクール「自然学園中学部」に入学した。3人の…

この記事は有料記事です。

残り759文字(全文1073文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 岡山の警察学校教官、訓練中にナイフで巡査刺す 「緊張感出すために本物を」
  2. 「気持ち抑えきれず」TDLで中学男子生徒にキス、女性教諭を懲戒免職 千葉県教委
  3. あなたの参院選 後期高齢者に「仕送り」35万円 給与天引きで自覚薄く
  4. 福岡・粕屋の女性殺害、古賀容疑者「騒がれたので首絞めた」
  5. クイズに正解したら「ベロチュー」 40代男性教諭、担任を交代

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです