メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア
週刊サラダぼうる・山田祐一郎

つるつる道をゆく 粉から勝負、魔法の麺

人気の「鴨南蛮うどん」。コメ作りで取り入れているアイガモ農法のカモを使っている=山田さん提供

 日本にうどんの店は数え切れないほどある。その中で自家製麺をうたう店もあまたある。ただ、自家製粉となるとまれだ。一般的にうどんは小麦粉と塩水で打つ。自家製粉とは粉ではなく小麦そのままの状態で仕入れ、それを自社でひくのだ。岡山県瀬戸内市にその店はある。

 以前、専門誌の企画で自家製粉の店を紹介することになった。ぼくは西日本の担当。リサーチを進めたが、なかなかたどり着かない。例えば麺に使う小麦のうち、1割を自家製粉でまかなっているという店は広島と宮崎にそれぞれ1軒あった。そう、1割入れるお店であってもそれくらい珍しい。ようやく100%で見つけたのが、この「一文字(いちもんじ)うどん」だった。

 初代からのれんを受け継いだタイミングで、自家製粉に挑戦した2代目・大倉秀千代さん。その根底には「地…

この記事は有料記事です。

残り773文字(全文1119文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ASKAさんが「CHAGE and ASKA」脱退を発表「ソロ活動に邁進」

  2. 半導体材料輸出規制 動き鈍い韓国 日本の「本気度」を突き付ける

  3. 対韓輸出規制 半導体「3カ月限界」 日本の規制強化で 朝鮮日報報道

  4. 宇宙空間で初の犯罪容疑?NASA飛行士、口座不正侵入か

  5. 首相「WTOに反しない。徴用工は歴史問題ではない」 対韓輸出規制で

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです