メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

詩歌の森へ

『象徴のうた』の思い=酒井佐忠

 歌会始選者の歌人、永田和宏が平成の天皇・皇后両陛下のお歌の中から印象的なものを鑑賞しつつ、「象徴」とは何かを考え、時代相や愛と信頼をも読みとる著書『象徴のうた』(文藝春秋)が刊行された。平成の「両陛下の思いは歌の中にこそ顕ちあらわれる」との帯文通りの貴重な一巻だ。

 <贈られしひまはりの種は生え揃ひ葉を広げゆく初夏の光に>。今年、両陛下が出席された平成最後の歌会始の御製(ぎょせい)(天皇のお歌)。阪神・淡路大震災10年後の式典で、犠牲になった小学校6年生の遺族から自宅跡地…

この記事は有料記事です。

残り359文字(全文597文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「嫌韓」あおるテレビよ、これでいいのか クレーム来ないからやりたい放題?

  2. 「車が水没してる」110番 男女3人死亡、80代母と50代子ども2人か 広島

  3. ラグビーW杯、なぜ「旭日旗」騒動ないの?五輪では日韓対立

  4. 「救急車もう限界」 適正利用呼びかけ 「酒飲んで運転できない」で通報も 福岡・飯塚地区消防本部

  5. 「帽子なくして注意したら『本当の父親じゃない』に激高」供述 さいたま小4遺棄

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです