メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

陸上

日本選手権 200もV サニブラウン2冠

男子200メートル決勝で1位でフィニッシュするサニブラウン(手前)。左奥は2位の小池=久保玲撮影

 陸上の世界選手権(9~10月・ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権は最終日の30日、福岡市の博多の森陸上競技場で男女計12種目の決勝が行われた。男子200メートルはサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が20秒35(向かい風1・3メートル)で優勝し、100メートルと合わせて2年ぶり2回目の2冠を獲得し、世界選手権代表に内定した。2位には小池祐貴(住友電工)が20秒48で入り、桐生祥秀(日本生命)が3位で続いた。

 男子110メートル障害は高山峻野(ゼンリン)が13秒36の日本タイ記録で2年ぶり3回目の優勝を果た…

この記事は有料記事です。

残り2461文字(全文2719文字)

おすすめ記事

毎日新聞のアカウント

話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. れいわへの寄付4億円超える 山本氏「おかず減らしてくれたおかげ」
  2. れいわ山本代表「落選なら次は衆院選に」
  3. 政党要件という両刃の剣…なぜ「れいわ新選組」はテレビに映らないのか
  4. れいわで国会バリアフリー化求められる 重度障害・ALS患者の舩後氏初当選
  5. 2019参院選 開票結果・比例代表(その1)

編集部のオススメ記事

のマークについて

毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです