メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

号外首相、全国の緊急事態宣言解除を発表
陸上

日本選手権 200もV サニブラウン2冠

男子200メートル決勝で1位でフィニッシュするサニブラウン(手前)。左奥は2位の小池=久保玲撮影

 陸上の世界選手権(9~10月・ドーハ)代表選考会を兼ねた日本選手権は最終日の30日、福岡市の博多の森陸上競技場で男女計12種目の決勝が行われた。男子200メートルはサニブラウン・ハキーム(米フロリダ大)が20秒35(向かい風1・3メートル)で優勝し、100メートルと合わせて2年ぶり2回目の2冠を獲得し、世界選手権代表に内定した。2位には小池祐貴(住友電工)が20秒48で入り、桐生祥秀(日本生命)が3位で続いた。

 男子110メートル障害は高山峻野(ゼンリン)が13秒36の日本タイ記録で2年ぶり3回目の優勝を果たし、代表に内定。2位の泉谷駿介(順大)も同タイムだった。女子5000メートルは木村友香(資生堂)が15分22秒53で初めて制し、男子走り幅跳びは橋岡優輝(日大)が7メートル98で3連覇。木村と橋岡も代表に内定した。

この記事は有料記事です。

残り2354文字(全文2719文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「政権の終わりが見えた」支持率急落、自民主流派も首相を公然と批判

  2. 27%ショック「底打った」「危険水域」与党動揺 石破氏「かなり厳しい」

  3. 内閣支持率27%に急落 黒川氏「懲戒免職にすべきだ」52% 毎日新聞世論調査

  4. 影山貴彦のテレビ燦々 3回見る。「きょうの猫村さん」 柔らかな空気で心が潤う

  5. 森法相、黒川氏訓告は「法務・検察で判断」 官邸主導の一部報道を否定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです