メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

全面禁煙

進まぬ 大学、周辺に吸い殻「卒煙所」復活/病院、精神科「患者の心、不安定に」

学外での路上喫煙やポイ捨てをやめるよう呼び掛ける看板=東京都千代田区の上智大四谷キャンパス正門で2019年6月28日、金秀蓮撮影

 健康増進法の改正で7月から大学や病院、来年4月からは飲食店などでの受動喫煙対策が義務化されるのに合わせ、各施設は対応を急ぐ。だが、近隣への影響、営業上の事情、路上禁煙との兼ね合いなど要素は複雑に絡み合い、改正法が目指す「望まない受動喫煙ゼロ」がまっすぐ進んでいるわけではない。

きょうから義務化

 7月から義務化が始まる「第1種施設」の中で、敷地内禁煙の原則徹底が特に難しいとみられていたのが大学だ。実際、毎日新聞の調査では、学生数の多い51大学の大半が例外的に屋外喫煙所を残すとしていた。

 「指定された喫煙所以外での喫煙は禁止されています。ルールが守れない場合、喫煙所が閉鎖されます」。東…

この記事は有料記事です。

残り1967文字(全文2262文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. ORICON NEWS 田村淳“道玄坂69”デビューも事務所から圧力なし クレームは「覚悟の上」

  2. 100歳、歩行者はねる 「気がついたら歩道に」 新潟

  3. 携帯大手3社、値下げ肩すかし 楽天参入遅れで

  4. 「風評被害になりかねない」 菅官房長官、韓国のIAEAでの非難に反論

  5. 本人名義の出演も 西川貴教さんが語る「イナズマロックフェス」とふるさと滋賀

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです