メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

影山貴彦のテレビ燦々

「わた定」最終回の裏側で 評価したい編成部門の決断

 6月18日午後10時22分ごろ起きた山形県沖を震源地とする地震は、新潟県村上市府屋で震度6強を記録し、重軽傷者も多数に上った。

 テレビ各局は、レギュラー番組として「報道ステーション」を放送しているテレビ朝日系列を含め、番組を中断あるいは休止し、多少の時間差はあったものの、地震のニュースへ切り替えた。それぞれの局の対応は、報道機関として当然のこととはいえ、評価したいと思う。

 私は自宅で「わたし、定時で帰ります。」(MBS系)の最終回を見ていた。地震から5分ほど経過した後、…

この記事は有料記事です。

残り484文字(全文722文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 宮川花子さん、多発性骨髄腫を公表 「舞台に立って感謝の涙を流したい」

  2. どうすれば安全安心 「多発性骨髄腫」ネットで解説

  3. 疑問氷解 人間に育てられた犬や猫は、動物の言葉はわからないのですか?

  4. 菅氏「高級ホテル50カ所」構想に批判噴出 「なぜ国費」「被災地支援が先」

  5. 池江選手「19歳になりました!」 誕生日にメッセージと写真掲載

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです