メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

  • 政治プレミア
  • 経済プレミア
  • 医療プレミア
  • トクトクプレミア

安倍首相、ベトナムのフック首相と会談 労働者受け入れの協力覚書を交わす

日ベトナム両国による文書交換式の前に握手する安倍晋三首相(右)とフック首相=首相官邸で2019年7月1日午前11時46分、川田雅浩撮影

 安倍晋三首相は1日、ベトナムのグエン・スアン・フック首相と首相官邸で会談した。両国政府は会談に先立ち、新たな在留資格「特定技能」によるベトナム人労働者の円滑な受け入れを目指す協力覚書を交わした。

 覚書は悪質ブローカーの排除などを目的に両国で仲介機関の情報共有を図るのが柱で、覚書を交わすのは8カ国目。技能試験、日本語能力試験の実施での連携も定めた…

この記事は有料記事です。

残り261文字(全文435文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 韓国の見切りに日本「まさか」「困るのは…」 GSOMIA破棄

  2. 中谷元防衛相「最悪の決断」 韓国のGSOMIA破棄に

  3. 「反日は一部」「少し感情的」日韓市民、一層の関係悪化を懸念 GSOMIA破棄に

  4. 試合後、誰よりも早く本塁に向かった星稜の主将「相手をたたえたかった」

  5. 韓国政府、GSOMIAを破棄へ 安保会合で決定

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです