茨城県が「パートナーシップ宣誓」受け付け開始 都道府県で初

  • ブックマーク
  • 保存
  • メール
  • 印刷
パートナーシップ宣誓制度を利用するために書類を提出する滑川友理さん(左)=茨城県庁で2019年7月1日午後2時56分、太田圭介撮影
パートナーシップ宣誓制度を利用するために書類を提出する滑川友理さん(左)=茨城県庁で2019年7月1日午後2時56分、太田圭介撮影

 茨城県は1日、性的少数者のカップルを公的に認める「パートナーシップ宣誓制度」の受け付けを始めた。制度の導入は都道府県では初めて。初日は、2組のカップルが届け出た。

 互いがパートナーだと宣誓したカップルに対し、県が受領証を交付する。1日午前、レズビアンを公表している水戸市議の滑川友理さん(32)がパートナーの30代女性と県庁を訪れ、…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

あわせて読みたい

ニュース特集