メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城県が「パートナーシップ宣誓」受け付け開始 都道府県で初

パートナーシップ宣誓制度を利用するために書類を提出する滑川友理さん(左)=茨城県庁で2019年7月1日午後2時56分、太田圭介撮影

 茨城県は1日、性的少数者のカップルを公的に認める「パートナーシップ宣誓制度」の受け付けを始めた。制度の導入は都道府県では初めて。初日は、2組のカップルが届け出た。

 互いがパートナーだと宣誓したカップルに対し、県が受領証を交付する。1日午前、レズビアンを公表している水戸市議の滑川友理さん(32)がパートナーの30代女性と県庁を訪れ、…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 女性に無断で堕胎させた疑いで外科医を逮捕 麻酔薬飲ませる 岡山県警

  2. 「わー、よかった」明るい娘に“嫌な予感” 「キッズライン」性被害 母が証言

  3. まるで浦島太郎…「なぜマスク姿なの?」 3カ月間の昏睡から目覚めたロシアの男性

  4. どう防ぐ ベビーシッターによる性犯罪 「見抜けなかった…」絶句する母

  5. コロナ休校で10代の妊娠相談急増 性教育の機会なく、バイト中止で避妊具買えず

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです