メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

茨城県が「パートナーシップ宣誓」受け付け開始 都道府県で初

パートナーシップ宣誓制度を利用するために書類を提出する滑川友理さん(左)=茨城県庁で2019年7月1日午後2時56分、太田圭介撮影

 茨城県は1日、性的少数者のカップルを公的に認める「パートナーシップ宣誓制度」の受け付けを始めた。制度の導入は都道府県では初めて。初日は、2組のカップルが届け出た。

 互いがパートナーだと宣誓したカップルに対し、県が受領証を交付する。1日午前、レズビアンを公表している水戸市議の滑川友理さん(32)がパートナーの30代女性と県庁を訪れ、…

この記事は有料記事です。

残り251文字(全文418文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 東名あおり運転デマ投稿、強制起訴の被告が死亡

  2. 「大変申し訳なく思う」 首相、与党議員の銀座クラブ訪問を謝罪

  3. 荻原魚雷のラジオ交差点 このまま走り続けてほしかった

  4. 皇族に人権はない? 「眞子さまと小室さん」ご婚約から見えてきたこととは

  5. 世界のコロナ感染、1億人超 77人に1人 死者は210万人超

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです