メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

南シナ海舞台に日中、影響力探り合い 護衛艦「いずも」多国間訓練

南シナ海の状況

 海上自衛隊最大の護衛艦「いずも」(基準排水量1万9500トン)が、南シナ海やインド洋を約2カ月間航行しながら各国軍と共同訓練を重ねている。陸上自衛隊の離島防衛部隊「水陸機動団」も乗艦させるなど、陸海統合運用による作戦能力向上を目指す狙いもある。日本の安全保障環境が変化する中、短距離離陸・垂直着陸戦闘機F35Bを搭載できる「空母化」に向けた改修が予定されているいずもは、どのような役割を果たそうとしているのか。【スービック町田徳丈】

 「速力11ノット」「前進300ヤード」。6月28日、フィリピン・パラワン島周辺のスールー海で海自と…

この記事は有料記事です。

残り2581文字(全文2848文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. さいたま小4殺害 一家を知る人ら「信じられない」「なぜ」 遺棄容疑、父逮捕に

  2. 遺棄容疑で逮捕の父「若くてすらっとした印象」 「親子3人仲が良さそうだった」との声も

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 殺害された小4男児は英語好き、熱心に塾通い 朗らかで雰囲気明るく

  5. 「過去の歴史想起」外務省、かつて旭日旗で注意 五輪で容認と矛盾?

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです