メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

牛フン利用で国内最大級のバイオガス発電所 山形・飯豊で今月上旬着工

造成工事が進むバイオガス発電所の建設地=山形県飯豊町で2019年6月29日、佐藤良一撮影

 高級牛肉「米沢牛」の4割を生産する山形県飯豊町で、肉牛のフンを利用して発電する施設としては日本最大規模となる「バイオガス発電所」が7月上旬、着工予定となった。来春の本格稼働を目指す。国が推進する「バイオマス産業都市」に認定されている同町も支援し、持続可能な社会づくりを進めていく。【佐藤良一】

 同町添川に建設予定で、再生可能エネルギー事業を展開する東北おひさま発電(長井市)が整備、運営する。現在は造成工事中で、整備面積は約8900平方メートル。町は周辺道路や水道などのインフラ整備を支援する。

 発電規模は500キロワット。一般家庭約700世帯分に相当する年間約360万キロワット時の発電を行う…

この記事は有料記事です。

残り580文字(全文878文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 変幻自在・西川貴教 ももクロ背にT.M.R熱唱で幕 イナズマロック

  2. 嵐・松本さん、KAT-TUN亀梨さん炊き出しで被災地激励 千葉・館山

  3. 滝沢秀明社長ら台風被害の千葉でボランティア YOSHIKIは1000万円寄付(スポニチ)

  4. あえて言う れいわに感じる「もやもや」

  5. 風知草 放射能、海に捨てるなら=山田孝男

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです