メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

牛フン利用で国内最大級のバイオガス発電所 山形・飯豊で今月上旬着工

造成工事が進むバイオガス発電所の建設地=山形県飯豊町で2019年6月29日、佐藤良一撮影

 高級牛肉「米沢牛」の4割を生産する山形県飯豊町で、肉牛のフンを利用して発電する施設としては日本最大規模となる「バイオガス発電所」が7月上旬、着工予定となった。来春の本格稼働を目指す。国が推進する「バイオマス産業都市」に認定されている同町も支援し、持続可能な社会づくりを進めていく。【佐藤良一】

 同町添川に建設予定で、再生可能エネルギー事業を展開する東北おひさま発電(長井市)が整備、運営する。現在は造成工事中で、整備面積は約8900平方メートル。町は周辺道路や水道などのインフラ整備を支援する。

 発電規模は500キロワット。一般家庭約700世帯分に相当する年間約360万キロワット時の発電を行う計画だ。建設費は約10億円で、国から約1億8000万円の補助を受ける。

この記事は有料記事です。

残り545文字(全文878文字)

おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 「絶対に帰ってこられるから、頑張って」 キャンプ場で女児不明1年 母からの伝言

  2. 気温54.4度の衝撃 異常気象は日常に…? そんな未来で起きること

  3. ネグレクト、「親分の子」、そして薬物…高知東生さんが打ち明けた壮絶な生い立ち

  4. 俳優の斎藤洋介さんが死去 69歳 名脇役として映画やテレビドラマで活躍

  5. 松尾貴史のちょっと違和感 「菅内閣」発足 権限かさに脅す手法、早くも

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです