釧路・下関で商業捕鯨出航式 関係者「再開でき感無量」

  • ブックマーク
  • メール
  • 印刷

 日本の商業捕鯨が1日、31年ぶりに再開した。同日午前中に北海道・釧路港、山口県・下関港から捕鯨船が出航した。水産庁は1日、12月末までの捕獲枠を計227頭に設定したと発表した。捕鯨船は日本の領海や排他的経済水域(EEZ)で、捕獲枠内で操業する。

 釧路港では、出航に先立って式典が開かれ、長谷成人・水産庁長官や蝦名大也・釧路市長、捕鯨関係者ら約80人が出席した。貝良文・…

この記事は有料記事です。

残り279文字(全文464文字)

あわせて読みたい

注目の特集