メインメニューをとばして、このページの本文エリアへ

セブンペイ開始 年500億円還元 コンビニ囲い込み競争激化

セブンイレブンの看板=東京都千代田区で2019年3月21日、曽根田和久撮影

 セブン―イレブン・ジャパンは1日、スマートフォンに表示したバーコードを店員がレジで読み取って決済するサービス「7pay(セブンペイ)」を全国約2万1000店で始めた。例年の販促費用を上回る年間500億円以上をポイントやクーポンなどで還元して、キャッシュレス決済への移行を促す。

 無料クーポンや値引き情報が得られる既存の自社アプリ「セブン―イレブンアプリ」に決済機能を追加する。利用者は現金やクレジットカード…

この記事は有料記事です。

残り307文字(全文511文字)

ご登録日から1カ月間は100円

いますぐ登録して続きを読む

または

登録済みの方はこちら
おすすめ記事
広告
毎日新聞のアカウント
ピックアップ
話題の記事

アクセスランキング

毎時01分更新

  1. 池袋ホテル女性遺体 埼玉の20代男子大学生を逮捕へ

  2. 池袋の女性遺体 殺人容疑で大学生逮捕 「手で首を絞めた」 

  3. 男子高校生を買春容疑、小学校長ら逮捕「欲望を抑えられなかった」

  4. 北九州市最大のソープランド摘発 経営者ら売春防止法違反容疑で逮捕

  5. 原田前環境相 処理水海洋放出再び主張 政府小委を批判 AbemaTVで

編集部のオススメ記事

のマークについて

今週のおすすめ
毎日新聞社は、東京2020大会のオフィシャルパートナーです